ぐい呑み 鞠型

$41.00

税込

Shipping calculated at checkout.
2 in stock

口当たりの良さと軽さが魅力の、漆器のぐい呑み


日本酒は、酒器の材質や形によって味が変化すると言われています。
漆の酒器は、ガラスや陶器にはない、温もりや口当たりの柔らかさ、軽さが魅力。
この酒器にはどんな日本酒が合うかな、とお酒器選びの楽しみも味わってみてください。

「ぐい呑み 鞠型」は、小さくてコロンとしたフォルムがかわいいく、上品でシンプルなデザインなので、薬味や珍味入れなどの小鉢としてもお使いいただけます。

父の日や敬老の日や、お酒を楽しまれる方への贈り物にもおすすめです。
また、溜色と朱色でペアにして、ご結婚の御祝いや銀婚式、金婚式といった記念日に贈り物にもいかがでしょうか?

口当たりの良さと軽さが魅力の、漆器のぐい呑み


日本酒は、酒器の材質や形によって味が変化すると言われています。
漆の酒器は、ガラスや陶器にはない、温もりや口当たりの柔らかさ、軽さが魅力。
この酒器にはどんな日本酒が合うかな、とお酒器選びの楽しみも味わってみてください。

「ぐい呑み 鞠型」は、小さくてコロンとしたフォルムがかわいいく、上品でシンプルなデザインなので、薬味や珍味入れなどの小鉢としてもお使いいただけます。

父の日や敬老の日や、お酒を楽しまれる方への贈り物にもおすすめです。
また、溜色と朱色でペアにして、ご結婚の御祝いや銀婚式、金婚式といった記念日に贈り物にもいかがでしょうか?

Size
直径:約6.7cm
高さ:約4.5cm
Material
中塗り:中国産漆
上塗り:北海道産漆 (網走産)、岩手県産漆
木地:セン、カバノキ 白樺と樺の混雑材(ともに道産)
Shipping Method
ヤマト運輸
Country of Origin
日本
Gift
簡単ラッピング可(箱あり)

Care & Use Guide

こちらの商品は、作家や職人による手づくり品です。 そのため、素材の色合いや風合い、形状、模様、サイズなどは一点ごとに微妙に異なります。
お届けする商品は商品写真と全く同じものにはなりませんので、ご了承の上ご購入をお願いいたします。
ひとつひとつの手作業により生まれる作品それぞれの表情を、是非お楽しみください。
  • 沸騰したてなど高温のものを入れることは避けてください。
  • ご使用後は、水の中に長時間つけぱなっしにせず、水かぬるま湯で洗い、布巾などで水気を拭き取ってください。
  • 洗剤を使用いただけますが、固いスポンジやたわしを使用して洗うのはご遠慮ください。
  • 電子レンジや食洗機の使用は避けてください。
  • 漆器のもつ特有の艶は、使い続けていただくことでより深みを増し、味わいを深めていきます。
  • 長い間使っていくうちに、ひびや割れ、はがれ、キズなどが発生することがあります。木地に問題がなければ、塗り直しや修理することができますので、お気軽にご相談ください。

送料について

ヤマト運輸
日本郵便
北海
北海道
1,300
520
北東
青森
秋田
岩手
900
520
南東
宮城
山形
福島
800
520
関東
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
神奈川
東京
山梨
800
520
信越
新潟
長野
800
520
北陸
富山
石川
福井
800
520
中部
静岡
愛知
三重
岐阜
800
520
関西
大阪
京都
滋賀
奈良
和歌山
兵庫
900
520
中国
岡山
広島
山口
鳥取
島根
1,050
520
四国
香川
徳島
愛媛
高知
1,150
520
九州
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
1,300
520
沖縄
沖縄
2,100
520

1回のご注文につき、上記の送料をいただきます。
ご注文金額が30,000円(税込)以上の場合は、送料無料となります。

日本郵便でのお届けについて

商品はポストに投函いたします。
ポストに入らない場合は、玄関先でのお届けとなります。
ご不在の場合は、「不在配達通知書」がポストに投函されますので、再配達のお手配をお願いいたします。

ヤマト運輸と日本郵便の対象商品を同時にご購入の場合

ヤマト宅急便にてまとめて発送いたしますので、ヤマト運輸の送料のみいただきます。

Artist Profile

野つけうるし Notsukeurushi


海道帯広市出身

東北芸術工科大学 工芸コース漆芸専攻卒業

安代漆工技術研究センター修了
2016年 北海道北見市に工房開設
2018年 「野つけうるし」開業

北海道・オホーツク地方の北見に工房があります。
ここはかつて「のつけうし=ヌブ・ウン・ケシ」と呼ばれていました。
「野の端にあるところ」という意味のアイヌ語です。

漆の北限で、この土地らしいものづくりを目指し、道産材やオホーツク産漆を取り入れて漆器を作っています。